一般的に見られる社葬の流れは以下のとおりです。

1. 集合・会場のチェック

実行委員会は開式3時間程度前に集合し、各係の責任者の指示により、会場のチェックを行います。その後、ご遺族お迎えの準備をします。

 

2. 導師ご案内

導師が到着次第、担当者がお出迎えをします。

 

3. ご遺族到着

実行委員会はご遺族が到着する際、整列してお迎えをします。

会場に入る順番は、導師、ご遺骨(喪主)、ご位牌、ご遺影となります。

開場入り後、ご遺骨・ご位牌は、祭壇にご安置します。

 

4. ご遺族・ご親族ご案内

ご遺族・ご親族様には控室にて昼食を召し上がりながら待機していただきます。

 

5. 受付

開式の1時間~1時間半前には、会葬者の受付を開始します。

ご記帳いただき、香典をお預かりした後、参列者を席順に誘導します。

 

6. 葬儀委員長・喪主・親族入場

葬儀委員長・喪主様・ご親族様が式場に入場されます。

 

7. 導師入場  開式の辞

導師様が開場に入場されます。

司会担当は、起立、合掌、拝礼、着席の号令を指示し、導師の紹介を行います。

 

8. 導師 読経・焼香

導師の読経が始まります。

 

9.喪主挨拶

喪主の挨拶を実施します。

 

10. 焼香

下記の順序で焼香をします。

1.葬儀委員長・遺族焼香

2.親族焼香

3.参列者焼香(※参列者の順番は、取引先、一般会葬者、社員、係員)

 

11. 導師退場

導師が開場から退場されます。

 

12. 閉式の辞

閉会の辞を読み上げます。

 

13. お見送り準備

葬儀委員長・会社役員を中心に、会場入り口に整列し、お見送りの準備をします。

 

14. お見送り・出棺

葬儀委員長の先導のもと、霊柩車へと向かい、お柩を納めます。

最後のお見送りとなります。

 

15. 会場の片付け・解散式

全工程終了後、会場の片付けを行い、社葬実行委員会の解散式を行います。

 

※一般的な社葬の流れであり、お別れの会、合同葬などは必ずしも、この形で実施するわけではありません。